マーカス・トムソンに会う

マーカス・トムソンのトラックのキャリアは、5歳のときに始まりました。 彼は、姉の助けを借りて、ファザー・サンタ(別名サンタ・クロース)にトラックをお願いした手紙を書き、それを石炭ストーブに押し込みました。 そして、走って外に出て、煙突から煙が渦を巻いて上っていくのを見つめました。 姉は微笑みながら、「これでサンタさんに手紙を読んでもらえるね」と言いました。

マーカス・トムソン

マーカス・トムソン

「それが初めてのソーシャル・メディア体験でした」とマーカスは言います。そして、「私がサンタに宛てた手紙の内容を姉が両親に言っていなかったら、おそらく私は新しい靴下を受け取っただけだったでしょう」と付け加えました。

大人になっても、トラックに対する彼の情熱はなくなっていませんでした。 彼は、米国バージニア州ダブリンにあるボルボ・トラック・ニュー・リバー・バレー組立工場でフォークリフト運転手として働き始めると、すぐにトラックを組み立てるようになりました。

「それから、総合品質管理(TQM)業務に関わるようになりました。アイデアは私の頭の中にありましたが、工業系によくいる従業員たちのように、私にはコミュニケーションの技術が欠けていると感じました。そこで、委員会に次から次へ志願しました。 すると、工場長から臨時のコミュニケーション・ファシリテーターに応募する気がないか尋ねられました。 トレーニング・マネージャーの下で働いていると、夢にも思っていなかった機会がやってきました。」

すぐに彼はストーリーテリングの技術を実践し始め、日常の会話にビジネス成果の必要性を織り込むようになりました。数年後、マーカスは、無形のものを積極的に活用して有形のビジネス成果物に影響を与えることに注力するよう、別の工場長から頼まれました。 

NRVのインスピレーション/コミュニケーション・マネージャーとしての彼の仕事は、お客様、従業員、そして会社の長期的な成功に向けてグループの価値観、継続的な改善、およびビジネス戦略を根付かせることです。

「2,400名のメンバーから成るチームに絶えず情報を提供し、やる気を起こさせ、惹きつけるよう懸命に努力することは楽しいです。大変でもありますが、チームのメンバーが何かを「知り、感じ、行う」ときには魔法が起きるものです。 私たち全員がお客様を成功に導くために働いています。それは刺激的な仕事です」とマーカスは言います。

彼は、20年以上にわたり、6,000以上の情報ニュースレターを執筆し、お客様の声をビデオに記録し、何千人ものお客様をもてなし、ボルボ・トラックが輸送ソリューションのリーダーであることを社会に認めてもらうために働いてきました。

サンタに注文したあのトラックですが、現在はマーカスの4人の孫がその赤いおもちゃのトラックで遊んでいます。そして、マーカスはまだトラックに心を奪われています。

名称: マーカス・トンプソン
学歴: 経営およびその関連分野の大学授業と「継続的な自己啓発」
役職: コミュニケーション・マネージャー
組織: ボルボ・グループのグローバル・トラック事業
所在地: ダブリン(米国)

Job Opportunities

Work where the action is

Join our teams

Imagine yourself with some of the sharpest and most creative brains in the transport an infrastructure industry, developing cutting-edge technologies and sustainable transport solutions that will change the future of society

Find the job you want