リンナン・ユに会う

リンナン・ユは、良いマネージャーになりたいと思っています。 また、ボルボ・グループの事業にとって重要であると彼女が考えるサプライ・チェーンの分野の仕事も継続したいと考えています。
リンナン・ユ

リンナン・ユ

グループの工場での生産を円滑に進めるためには、世界中の何千ものサプライヤーが適切な部品を適切なタイミングで納入する必要があります。

リンナン・ユは、グループの産業事業に携わっています。 彼女はヨーテボリを拠点としていますが、世界中をカバーする連絡先のネットワークを持っています。

彼女の仕事は、エンジンやトラックのパワートレインのその他の部品を製造する工場とサプライヤーの間をつなぐリンクとして機能することです。

「私は、ボルボ・グループの配送システムに含まれるサプライヤーをサポートおよび訓練しています。 最も柔軟な解決策を最適な価格で見つけるには、サプライヤーが私たちの物流要件を満たしていることが重要ですが、私たちも協力することが重要になります」と彼女は説明します。

彼女の役割の主な課題の1つは文化の違いを受け入れることであるとリンナンは言います。

「さまざまな国の人々と密接に協力しているため、彼らの文化を理解し、それに適応する必要があります。 それは難しいこともありますが、とても刺激になることでもあります。 仕事と共に成長できます」と彼女は言います。

物流の分野で仕事をすることは、リンナン・ユにとって当然の選択でした。

「コストを最小限に抑えたり、配送を改善したりすることで、事業全体に大きな違いをもたらすことができます」と彼女は説明します。 リンナン・ユは、ボルボ・グループの研修生プログラムの終了後に採用されました。 彼女は、ヨーテボリ大学のビジネス・経済・法学部で学位を取得した後に、このプログラムに参加しました。

「ボルボは、私にとってまたとない機会でした。 私はオープンな社風を持つ国際的な企業で働きたいと思っていました」と彼女は言います。そして、キャリアアップの機会が素晴らしいことを説明してくれました。

「私はマネージャーになりたいのですが、それを支援する優れた個人開発計画システムがあります」と彼女は付け加えました。

名称: リンナン・ユ
学歴: ヨーテボリ大学(スウェーデン)ビジネス・経済・法学部、イノベーションおよび工業経営学修士号
役職: 物流マネージャー
組織: ボルボ・グループのグローバル・パワートレイン生産
所在地: ヨーテボリ(スウェーデン)