説明責任が重要

ボルボ・グループに入社して1年のコンスタンティーナ・エルンパシドゥが、Group Trucks Technologyのリード・システム設計エンジニアとして、説明責任が重要である理由について話します。

私は、イノベーションの最前線にいる会社で働きたいと思い、ボルボ・グループの仕事に応募しました。ここでは常に、より良くすることへのやりがいを感じています。また、個人的成長やキャリア開発に関するさまざまな機会に恵まれています。

私はもともとギリシャ出身ですが、数学の理学士号を取得した後、チャルマースで複雑適応系の理学修士号を取得するためにスウェーデンに移りました。 チャルマースにいたときに、スウェーデンのトップ企業の1つであるボルボ・グループと接触する大きな機会を得ました。 私にとってイノベーターのために働くことは非常に重要でしたが、個人的な成長やキャリア開発の機会も私が会社に求めていたことでした。 私はただ仕事を探していたのではなく、あらゆる面で私の成長をサポートしてくれる会社を探していたのです。

これまでのところ申し分ありません。 誰もが自分の経験と知識を共有したいと考えているチームに参加できたことは幸運でした。 最初からここにいたように思えました。 1年経ち、ハードルはより上がっていますが、周りの前向きなエネルギーによって自信を持つことができ、ボルボ・グループの従業員を名乗ることに誇りを感じています。

誰もが自分の経験と知識を共有したいと考えているチームに参加できたことは幸運でした。

新人研修プロセスの際、私は自分の仕事がいかに重要であるかを把握し、製品リーダーシップという目標を確実に達成するために自分が役割を担っていることを理解しました。 私は自分のキャリア開発にも責任を負っています。もちろんマネージャーのサポートはありますが、新しいことに挑戦して学ぶことができる機会を得るのは私次第です。 ボルボ・グループでは自分たちの意向に応じて簡単にキャリア・パスの開発や変更ができるので感謝しています。

私の拠点は、Group Trucks Technologyというボルボ・グループ内の組織です。この組織では、ボルボ・グループのあらゆるブランドの技術的な進化と変革をリードしています。私はこの組織の一員であることに大きなやりがいを感じています。

ここでは説明責任が重要です。 説明責任を負うとは、結果にかかわらず、自分の行動に責任を持ち、自分の行動を支持することです。 システム設計エンジニアである私の責任は、製品コンセプトが戦略的目標やプラットフォーム・ソリューションと一致しており、それが顧客の期待に応えるものであることを確認することです。 これは、製品の複雑さを軽減すると同時に、柔軟性と品質を最大化し、コストを最適化することを意味します。

Related News