ボルボ・トラック、ドライバーに焦点を当てた新型トラックを発売

ボルボ・トラックは、ドライバー環境、安全性、生産性に重点を置いた4つの新モデルシリーズを発売します。 「これは私たちにとって大変喜ばしい、将来を見据えた重要な投資です。 ボルボ・トラックは、お客様の最高のビジネス・パートナーとして、厳しさを増す市場の中でお客様にさらなる競争力を提供し、一流のドライバーを惹きつける手伝いができることを願っています」と、ボルボ・トラック社長のロジャー・アルムは語ります。 このたび発表されたのは、ボルボFH、ボルボFH16、ボルボFM、ボルボFMXの新型トラックです。これらのシリーズはボルボ・トラックの車両出荷台数の約3分の2を占めます。

ボルボ・トラック、ドライバーに焦点を当てた新型トラックを発売

輸送需要の増大が見込まれる中、熟練ドライバーの確保は世界的にますます難しくなっています。 たとえばヨーロッパでは、ドライバーの求人件数のうち約20%に適任者が見つからない状況になっていると言われています。 そこで、ボルボ・トラックは、一流のドライバー人材を確保・維持したいお客様に役立つ新型トラック――いっそうの安全性と効率性と魅力を備えた、有能なドライバーのためのトラックを開発する作業に大きな力を注いでいます。

「トラックを安全に効率よく扱えるドライバーは、すべての輸送会社にとって非常に貴重な資産です。 責任感を持ったドライバーの運転では、CO2排出量と燃料コストの抑制効果だけでなく、事故、負傷、想定外のダウンタイムが発生するリスクの低減効果も期待できます。 この新型トラックには、ドライバーの業務の安全性・生産性をいっそう高め、そして、輸送事業者の皆様が良質なドライバー人材を募集する際のアピール力を高める力があります」と、アルムは続けます。  

ボルボ・トラックが発売する各種トラック・モデルのラインアップは、多彩な選択肢からニーズに合ったキャブ・モデルを選択し、幅広い用途に適した構成でご注文いただけます。 キャブは、長距離輸送の分野ではドライバーの「第2の我が家」として、 地域内輸送では「モバイルオフィス」として、また、建設現場用途では「堅牢で実用的な作業ツール」としての役割を担います。 したがって、これら新モデルの開発にあたっては、視認性、快適性、人間工学的配慮、騒音レベル、操縦性、そして安全性が重要なポイントになりました。 また、そうした特徴を伝えるとともに全体的なビジュアルの魅力を高めるよう、外装にもアップグレードが施されました。

居住空間の広さと視認性をいっそう向上 ― ボルボFM/ボルボFMX
キャブが一新された新型ボルボFM/ボルボFMXには、より大型の姉妹シリーズと同様のインストルメント・ディスプレイ機能が多数搭載されています。 キャブ内空間の容積が最大1 ㎥増えたため、ゆったり快適に過ごすことができ、十分な作業スペースも確保できます。 大きなウィンドウ、低いドア・ライン、新しいミラーにより、視認性もいっそう向上しました。

効率性の高いエンジンと代替ドライブライン

輸送会社にとって、環境対策と経済性はどちらも重要な問題です。 気候変動に関するすべての問題を一つのエネルギー源だけで解決することは不可能であり、また、輸送セグメントや業務が違えば異なるソリューションが必要になります。したがって、当面は数種類のドライブラインが並行して使われ続けると考えられます。

ボルボ・トラックでは、Euro 6準拠のLNGガス駆動エンジンを搭載したボルボFH/ボルボFMを多くの市場向けにご用意しています。気候への影響が格段に小さいトラックでありながら、同クラスのボルボ・トラック製ディーゼル車に引けを取らない燃料効率と性能を発揮するタイプです。 このガス燃料エンジンはバイオガスと天然ガスのどちらでも稼働可能。同等のボルボ・トラック製ディーゼル車と比較して、バイオガスならCO2排出量を最大100%削減、天然ガスなら最大20%削減できます。 なお、これは車両自体からの排出量(いわゆる「燃料タンクから車輪まで」)に関する数値です。


ラインアップの動画へのリンク
高解像度画像へのリンク
その他の製品リリースへのリンク

詳細についてのお問い合わせ先:

Jan Strandhede
 Media Relations Director、Volvo Trucks
電話: +46 31 3233715
 Eメール:jan.strandhede@volvo.com


詳しくは、volvogroup.com/pressをご覧ください。

ボルボ・グループは、トラック、バス、建設機械、船舶用・産業用動力ソリューション、ファイナンスおよびサービスを提供し、お客様のアップタイムと生産性を向上する輸送ソリューションを通じて豊かな社会づくりに貢献する、 1927年創業の企業です。持続可能な輸送ソリューションおよびインフラストラクチャ・ソリューションの未来像を形づくるために力を注いでいます。 ボルボ・グループはスウェーデンのヨーテボリに本社を置き、10万4,000人の従業員を擁し、190を超える市場で製品を販売しています。 2019年の売上高は約4,320億スウェーデン・クローナ(約405億ユーロ)です。 ボルボの株式はナスダック・ストックホルム市場で取引されています。  

Work with us

最新情報をいちはやく入手

購読サービス

  • プレス・リリース
  • 中間報告書
  • 年次報告書
stayupdated form description
ありがとうございました
購読登録が完了しました

Related News

ボルボ・グループ - 2020年第3四半期

「第3四半期には、COVID-19の制限が緩和されたため、トラックと機械の利用率が徐々に向上しました。 四半期末に向けて、輸送活動はほとんどの市場で1年前とほぼ同じレベルに戻りました。 これにより、お客様のマインドが向上し、トラック、エンジン、建設機械の受注が増加し、サービス事業も徐々に改善してきました。 ...

ボルボ・グループ - 2020 年第 2 四半期

「2020年の第2四半期は、COVID-19のパンデミックと、それが社会と経済発展に及ぼした悪影響によって特徴付けられました。 感染の拡大を避けるために各国が採用した措置は、当社の生産とサプライチェーン、製品とサービスの需要に大きな影響を与えました。 純売上高は 732 億スウェーデン・クローナで 39 %減少しました。 4月に停止した後、5月になると徐々に生産を再開し、現在は従業員やサプライヤーの多大な努力により順調に稼働しています。 ...

ボルボ・グループ - 2020 年第 1 四半期

「2020 年第 1 四半期は COVID-19 パンデミック抑制のための社会的措置による影響がありました。 その影響は 2 月に中国の事業から始まり、3 月中旬以降はグローバル・サプライ・チェーンが混乱して事業の大半で生産停止が生じることでボルボ・グループは深刻な影響を受けました。 この減産と需要の低下によってボルボ・グループの第 1 四半期における売上高と利益はいずれも悪化しています。 純売上高は 914 億スウェーデン・クローナで 15 %減少し、 調整営業利益は 71 ...