持続可能性を高めた未来のソリューション

ボルボ・グループは、コネクティビティの最先端を走っています。 ボルボ・グループは、世界中で稼働する100万台以上のコネクティビティ対応資産から得られる膨大な量のデータを、お客様のために処理し、より良い未来のソリューションを実現するために役立てています。

持続可能性を高めた未来のソリューション

ボルボ・グループはデータを基に、お客様にメリットをもたらし、効率性・安全性・持続可能性の発展をサポートする見識を提供します。

持続可能性を考えるうえで、燃料効率は大切な要素です。 燃料効率を大幅に高めるソリューションとしては、たとえば、データに基づくリアルタイムのコーチングをドライバーとオーナーの皆様に提供することや、ドライバー各人に合わせたソフトウェア設定のカスタマイズ機能などが考えられます。

ドライバーに対しては、車両から得られるデータに基づいて、どれくらい燃料効率のよい運転ができているかというフィードバックを提供できます。 また、運転のしかたや製品の使いこなしに関するアドバイスを提供することもできます。 そのようにお客様の状況を深く理解できることは、新しい車両や輸送ソリューションの開発にも役立ちます。

エレクトロモビリティは、単に電動車両や電動機械を作るだけでは実現できません。 たとえば電力供給のインフラストラクチャ整備など、社会レベルでの取り組みを進めることも大切です。 大型車や大型機械の充電には乗用車向けとは異なる対応が必要ですが、現状では電力グリッドの対応が進んでいません。 そうした面の取り組みの方向性を正しく判断するためにも、既にお客様のもとで稼働しているコネクティビティ対応資産から得られる情報が役立つのです。

これから克服しなくてはならない阻害要因もいくつかありますが、コネクティビティには、持続可能性の高いソリューションを輸送・建設分野で実現する可能性を開く力があることは確実です。 データ活用によるソリューションは、持続可能な未来を築くうえで不可欠の要素です。現在の私たちは、非常に有望な発展コースの出発点に立っているのです。

Related News