ボルボ・トラック、都市交通向けの電動トラックを販売開始

ボルボ・トラックは、ボルボFLおよびボルボFEの電動トラックをヨーロッパの一部マーケットで販売開始すると発表しました。これは都市環境向けの持続可能な輸送ソリューションを求める声の高まりに応えたものです。

1860x1050-volvo-trucks-FL-FE-pressrelease

排出ガスを出さず騒音レベルが低いという電動トラックの性質には、都市部において大きな可能性を生み出す力があります。 第一に、騒音レベルが低いことで、早朝、夜間、深夜でさえ配達やごみ収集ができる可能性が生まれ、輸送ロジスティクスの改善やピーク時の渋滞緩和につながる効果が期待できます。 第二に、空気の質を良好に保ち騒音を抑えられることで、都市計画や道路インフラ整備に新しい可能性が開かれます。 電動トラックなら、たとえば荷積み・荷降ろし場を屋内に設けることや、環境への特別な配慮が求められる区域でも使用できます。

「世界的な都市化の流れによって、ゼロエミッションで低騒音な都市型の物流とトラック輸送が必要とされており、その緊急度は高まる一方です。 ボルボFL ElectricとボルボFE Electricは、環境対応を求める強いニーズと、商業用途に関する高度な要件をどちらも満たすことができます」と、エレクトロモビリティ製品ライン担当バイスプレジデントのJonas Odermalmは述べています。

一つの課題は、どのようにして最大限の積載能力を確保しながら連続走行距離を伸ばすかということです。 

「ボルボ・トラックのソリューションは、お客様ごとに異なるビジネス・ニーズに基づいて、走行サイクル、積載能力、ルート分析など様々なパラメーターを考慮したものとなるため、バッテリー容量を可能な限り有効利用できます」と、Jonas Odermalmは続けます。

ボルボFL ElectricおよびボルボFE Electricの開発は、スウェーデンのヨーテボリでトラックを運行する複数のお客様企業から密接な協力を得て進められたものです。 お客様からはきわめて良好な反応が得られました。協力いただいたドライバーの方々から特に好評を博した点は、ドライブラインの応答性、加速のシームレスな感覚、そしてトラックの静音性です。

「お客様からは肯定的な評価をいただきましたが、まだ充電インフラが十分整備されていない都市が多いという課題も認識しています。目下、充電インフラの拡大方針について官・民のパートナーとの検討作業が進んでいるところですが、 整備のペースを上げていく必要があることは明白です」と、Jonas Odermalmは説明します。

気候変動への対策としては、数種類の異なる技術を採用したドライブラインの選択肢が必要となります。

「電動車両を採用し、再生可能な電力供給源を利用して運用することが、都市内配送の持続可能性を高める有効な手段になることは間違いありません。 しかし、気候変動とその他あらゆる環境問題を一つのエネルギー源だけで解決することは不可能です。 異なるタイプの輸送には、異なるタイプのドライブライン・ソリューションが必要です」と、Jonas Odermalmは語っています。


ボルボFL ElectricとボルボFE Electricについて

•    ボルボFL ElectricおよびボルボFE Electricトラックは、配送、ごみ収集、その他の都市交通用途向けに開発されました。
• 販売を開始する対象市場は、スウェーデン、ノルウェー、ドイツ、スイス、フランス、オランダです。
• 連続生産は2020年3月開始予定です。
• 対応する積載能力は、ボルボFL Electricが車両総重量16トン、ボルボFE Electricが車両総重量27トンです。


エレクトロモビリティの分野におけるボルボ・トラックの取り組みについて詳しくは、こちらをご覧ください。


2019年11月6日


高解像度の画像はこちら


詳細についてのお問い合わせ先:
Jan Strandhede, Media Relations Director, Volvo Trucks
電子メール: jan.strandhede@volvo.com
電話: +46 31 3233715

 

詳しくは、volvogroup.com/pressをご覧ください。

ボルボ・グループは、トラック、バス、建設機材、そして船舶および工業用エンジンを手がける世界一流のメーカーです。 ボルボ・グループは金融およびサービスに関する包括的なソリューションも提供しています。 ボルボ・グループは約105,000人の従業員を擁し、18か国に生産拠点を持ち、190を超える多数の市場で製品を販売しています。 2018年におけるボルボ・グループの売上高は、約3,910億SEK(約381億ユーロ)でした。 ボルボ・グループはスウェーデンのイェーテボリに本社を置く公開会社です。 ボルボの株式はナスダック・ストックホルム市場で取引されています。
 

Work with us

最新情報をいちはやく入手

購読サービス

  • プレス・リリース
  • 中間報告書
  • 年次報告書
stayupdated form description
ありがとうございました
購読登録が完了しました

Related News

ボルボ・グループ - 2020 年第 1 四半期

「2020 年第 1 四半期は COVID-19 パンデミック抑制のための社会的措置による影響がありました。 その影響は 2 月に中国の事業から始まり、3 月中旬以降はグローバル・サプライ・チェーンが混乱して事業の大半で生産停止が生じることでボルボ・グループは深刻な影響を受けました。 この減産と需要の低下によってボルボ・グループの第 1 四半期における売上高と利益はいずれも悪化しています。 純売上高は 914 億スウェーデン・クローナで 15 %減少し、 調整営業利益は 71 ...

ボルボ・トラック、ドライバーに焦点を当てた新型トラックを発売

ボルボ・トラックは、ドライバー環境、安全性、生産性に重点を置いた4つの新モデルシリーズを発売します。 「これは私たちにとって大変喜ばしい、将来を見据えた重要な投資です。 ボルボ・トラックは、お客様の最高のビジネス・パートナーとして、厳しさを増す市場の中でお客様にさらなる競争力を提供し、一流のドライバーを惹きつける手伝いができることを願っています」と、ボルボ・トラック社長のロジャー・アルムは語ります。 ...

ルノー・トラックは、カールスバーグ・グループと20台の電気駆動トラックを納入するという歴史的な合意に署名します

ルノー・トラックは、カールスバーグ・グループへ電動駆動トラック「D Wide Z」を20台納入する契約を締結し、都市交通の変革において重要な一歩を踏み出しました。 2020年に納入が予定されている100%電気駆動の26トントラックは、カールスバーグ・グループのスイス子会社であるフェルドシュレッシェン醸造所で運用される。...