ボルボがヨーロッパ最大規模の電動バス案件を獲得

ボルボ・バスが、ヨーロッパ最大規模の電動バス案件を受注しました。 2020年、ボルボ・バスはTransdev社に157台の電動連結バスを納入します。これらのバスは、ヨーテボリのさまざまな路線で運行される予定であり、 導入されることでCO2排出量と騒音の大幅な軽減効果を発揮します。また、配慮が求められるエリアや特別な規制が適用されるゾーンでの運行も可能になると考えられます。 

1860x1050-volvo-buses-transdev-pressrelease

「157台もの電動バスをご提供するという、ヨーロッパに前例がない大規模な電動バス案件を受注することになり、たいへん喜ばしく思います。 ボルボは、エレクトロモビリティと持続可能な公共交通における先駆者です。 車両、サービス、充電インフラのすべてを、都市のための総合的なシステムとして捉える視点を持っています。 私たちは、ルート運行管理者と乗客のための、高い信頼性と高いサービス・レベルを実現するソリューションを提供することに注力しています。 この大規模案件は、厳しい要件への対応と大きなキャパシティが求められる公共交通機関において、電動バスが持続可能性と財務面の実現可能性を備えたソリューションとして認められたことを示すものです」と、ボルボ・バス社長のHåkan Agnevallは語ります。

「現在、Transdev社はヨーロッパでの電動バス運行をリードする事業者です。電気による推進機関への移行に伴う課題についてはよく承知していますから、 パートナー選びは徹底的に厳しく行いました。総合的なアプローチができ、バス車両と充電インフラの両方を納期どおりに揃える力があり、秀逸なアップタイムを実現できるパートナーを選ぶ必要があったのです。 ボルボを都市バス事業のパートナーに選んだことを、ボルボの本拠地であるヨーテボリで発表する機会が得られ、ことのほか満足に思っています」と、Transdev Sweden社のGunnar Schön CEO氏は述べています。

導入される電動バス車両のモデルは、最近発売された7900 ボルボ電動連節バスです。 ボルボ電動連節バスは、150人の乗客を運ぶキャパシティと、同等のディーゼル・バスに比べて80%小さいエネルギー消費量で稼働する能力を備えた、 収容力の高さと運用コストの低さを両立するバスです。 運用効率をできるだけ高めるために、充電はルート沿いの急速充電ステーションにおいて、業界内に広く採用されている一般的な充電インタフェースOppCharge (TM) を使用して行われます。 また、今回の受注内容には、電動バスだけでなく、バイオディーゼルで稼働する地域内運行向けのEuro 6対応バス27台が含まれています。

「交通機関のサプライヤーである当社としては、優れたサービスと機能的な車両を利用者の皆様にいつも提供できることが非常に重要なのはもちろんですが、ドライバーのために快適な就業環境を用意することも同じく大切です。 新型の、とりわけ静音性の高い電動バスを導入することには、街をクリーンにする効果だけでなく、日々の就業環境を改善する意味もあります」と、Transdev社のSchön CEOは説明します。

発表を締めくくるにあたり、ボルボ・バス社長のアグネヴァルはこう述べています。「エレクトロモビリティは新しい魅力的な都市計画のチャンスを生み出しました。排出物質と騒音を出さない公共交通機関を実現し、いっそう住宅に近い場所での運行を可能にしたのです。 ボルボは、電動車両普及のリーダーとしてのあり方を追求し、また、長期的な持続可能性を備えた公共交通ソリューションを住民のために実現したい都市を応援するパートナーとしてのあり方を追求していきます」


ヨーテボリ、2019年11月5日


詳細についてのお問い合わせ先:
Joakim Kenndal, Manager Media Relations, Volvo Bus Corporation                       
電話 +46 739-02 51 50、電子メール:joakim.kenndal@volvo.com
 

 

Transdev社について:

モビリティ企業Transdev社は、モビリティの事業者および世界的インテグレーターとして、好きなときに好きな方法で移動できる自由を提供します。 効率的で使いやすく環境にやさしい、人と地域社会をつなぐ輸送サービスの力で、一日あたり1,100万人ものお客様に移動手段を提供していることが私たちの誇りです。  企業や公的機関との長期的なパートナーシップを基本にした活動を展開し、卓越した安全性・革新性を備えたモビリティ・ソリューションの実現を目指して、飽くなき追求を続けます。 私たちは人間に奉仕する人間集団であり、私たちの仕事はモビリティです。 Transdev社は、Caisse des Dépôts Group(66%)とRETHMANN Group(34%)が共同で所有する企業です。 2018年現在の事業活動地域は18か国、従業員数は82,000人、総売上高は69億ユーロでした。


詳細についてはこちらをご覧ください: volvogroup.com/press 

ボルボ・グループは、トラック、バス、建設機材、そして船舶および工業用エンジンを手がける世界一流のメーカーです。 また、金融およびサービスに関する包括的なソリューションも提供しています。 ボルボ・グループは約105,000人の従業員を擁し、18か国に生産拠点を持ち、190を超える多数の市場で製品を販売しています。 2018年におけるボルボ・グループの売上高は、約3,910億SEK(約381億ユーロ)でした。 ボルボ・グループはスウェーデンのイェーテボリに本社を置く公開会社です。 ボルボの株式はナスダック・ストックホルム市場で取引されています。
 

Work with us

最新情報をいちはやく入手

購読サービス

  • プレス・リリース
  • 中間報告書
  • 年次報告書
stayupdated form description
ありがとうございました
購読登録が完了しました

Related News