未来の業界を創造する

ジョン・ヘックマンは、グローバルな製造技術組織を管理するエンジニアです。 テクノロジーは絶えず変化しているため、新しい製品とサービスを支えるには、絶えず革新的な方法で工場を新しくしていく必要があります。
未来の業界を創造する

ジョン・ヘックマンは、製造技術マネージャーとして、米国ペンシルベニア州にあるボルボ・グループのリーハイ・バレー・オペレーション・プラントに勤務しています。 彼は、新しいグローバル組織のマネージャーであり、未来の業界を発展させるためのベスト・プラクティスをまとめ、共有しています。

「興味深い挑戦です。開発だけでなく、新しいテクノロジーの探求や研究にも手を広げられるのが、特に楽しいです」とジョンは言います。

現在のプロジェクトのために新しいプロセスを開発するのと同時に、将来の組み立てとテストのために方法を探るという課題は、ジョンが製造技術に情熱を傾けるうえで鍵となっています。

「それによって、仕事の自由度が高まり、会社の将来を守ることができると信じています」と彼は言います。

ボルボ・グループでは「継続的な改善」が基礎となっており、毎日の仕事の中で新しい働き方を捉えることが従業員全員に奨励されています。 ジョンが考えているのは、今後の成功要因です。

「ボトムアップ式の構造は、製品を毎日製造する現場には合っている方法です。 工場のオペレーターや経営者ほど、設計、製造、およびプロセスにおける成功と失敗についてよく知る人はいません。 どんな小さなアイデアも大きな変化を生むことがあるのです。」

また、テクノロジーや製品は絶えず変化しているため、ジョンはベスト・プラクティスを共有することが重要であると考えています。

「ともに成長していきましょう。 私たちは業界で最も大きな組織の1つであるため、深い知見と専門知識があります」とジョンは言います。
「私は、勝ち組でいたいといつも思っており、それでボルボ・グループに属しているのだと信じています。」