交通安全の取り組みには協業が欠かせません。 ボルボ・グループは、さまざまな方面とパートナーシップを組んでこのテーマを追求しています。

力を合わせて安全性を追求

安全性パートナーシップと協業

交通の安全性向上を追求するボルボ・グループの取り組みに終わりはありません。 その安全性ビジョンは容易に実現できるものではありませんが、私たちには共に歩む仲間がいます。 共有・協力こそが発展につながると、私たちは信じています。

ボルボ・グループは、学術研究に携わる人々、政府、その他の業界関係者と緊密に協力しながら、より安全な輸送システムの知識を深め、規制環境を整備し、新しいソリューションの開発を進めるための活動を積極的に展開しています。

そうしたパートナーシップの例をご紹介します。

交通安全に関する世界閣僚級会議 ロゴ

交通安全に関する世界閣僚級会議

ボルボ・グループは、この会議の上級諮問委員会のメンバーです。 会議に参加する国々、業界代表、NGOが取り組む共通のテーマは「2030グローバル目標の達成」です。 世界保健機関(WHO)を通じて国連も同イベントの共同主催者に名を連ねています。

ロード・セーフティ・スウェーデン
中国・スウェーデン研究センター ロゴ

中国・スウェーデン 交通安全研究センター

ボルボ・グループは、中国とスウェーデンが協力して発足させたこの交通安全機関に設立メンバーとして参加しています。 同センターでは、両国から多数の一流大学、研究機関、業界パートナーが集まり、安全性に関するさまざまな研究プロジェクトを進めています。 また、交通安全問題に関して政府の意思決定をサポートする活動にも力を入れています。

チャルマース工科大学(スウェーデン、ヨーテボリ)安全センター ロゴ

SAFER

チャルマース工科大学(スウェーデン、ヨーテボリ)のSAFER安全性センターでは、自動車業界、大学、規制当局から有力なパートナーが集まり、交通安全とモビリティの安全性について研究しています。 ボルボ・グループは、このイノベーションの場が2006年に誕生したときから主要なパートナーとして参加しています。

SAFERリサーチ
CIDAS(中国交通事故深度調査)ロゴ

中国交通事故深度調査

CIDASは、2011年に創設された、中国の交通事故に関する詳細なデータベースです。 独自の調査チームが、事故発生時に現場の交通警察と協力して調査を行います。 中国の代表的な道路タイプと経済状況を幅広く網羅できる6つの都市をデータ収集の対象としています。

SITISロゴ

SITIS

ボルボ・グループは、SITIS(Sweden/India Transport Innovation and Safety:交通のイノベーションと安全性に関するスウェーデンとインドのパートナーシップ)創設時に主導的な役割を担いました。 このパートナーシップの目的は、イノベーションの促進と、交通安全の重要課題を解決する技術やソリューションの開発について、二国間プラットフォームの確立することです。 また、インドにおいて安全性と持続可能性が高い輸送システムの整備・発展をサポートすることです。

ビジョン・ゼロ・アカデミー ロゴ

ビジョン・ゼロ・アカデミー

スウェーデン道路局には長年ビジョン・ゼロへの取り組みを続けてきた歴史があります。 政府当局、業界代表、地方自治体、NGOを対象にしたコースを定期的に開催し、安全性の高い道路輸送システムの実現方法に関する知識を広めています。 それらのコースでは、ビジョン・ゼロを政策イノベーションとして捉える考え方や、働き方に及ぼす影響についても取り上げています。

ビジョン・ゼロ・アカデミー
ブラジルのボルボ交通安全向上プログラムおよび展示センター

ブラジルのボルボ交通安全向上プログラムおよび展示センター

ブラジルでは、ボルボ・グループは30年以上にわたり安全性への取り組みを続けています。 ボルボ交通安全向上プログラムの活動は、2017年、IRF(国際道路輸送連盟)の世界道路功績賞(Global Road Achievement Awards)を受賞しました。

また、クリチバの安全性展示センター(Safety Exhibition Center)も交通安全意識の向上を促す施設です。 同センターはボルボ・グループの協賛で運営されており、開設後わずか2年間で3万2,000人を超える多くの観覧者が集まりました。

安全性展示センター
YOURS(Youth for Road Safety)ロゴ

YOURS(Youth for Road Safety)

YOURS(Youth for Road Safety)は、現代社会において公衆衛生の最大の脅威となっている道路交通事故に関し、世界中の若いリーダー200人以上が行動を起こすために集まった組織です。 大会では、15~29歳の若年人口にとって最大の死因である交通事故問題への取り組みとして、交通安全と横断的解決についての検討を行います。

YOURS世界大会
GRSI(グローバル交通安全イニシアチブ)

GRSI(グローバル交通安全イニシアチブ)

GRSIは、所得水準が低~中程度にある国々を特に重視しています。 これらの国は、自動車の台数においては全世界の半分にすぎませんが、交通事故による死亡者数においては実に90%を占めます。しかも、この割合はモータリゼーションの進行に伴ってさらに上昇しつつあります。

ボルボ・グループは、このイニシアチブの発足と、活動の一環であるパイロット・プロジェクト「インド交通安全パートナーシップ(Road Safety Partnership for India)」に協力しています。

マニフェストを読む(PDF)

ボルボ・グループにおける道路交通の安全性の詳細

ボルボ・グループは、自社製品の事故件数ゼロを目指すビジョンを掲げています。

安全性ビジョン

ボルボ・グループは、自社製品が関与する事故の件数ゼロを目指すビジョンを掲げています。 この安全性ビジョンは、安全性に関する私たちの活動すべてを規定する明確な方針です。 

ボルボ・グループの安全性ビジョンについて詳しい情報を読む
ボルボ・グループの交通安全性

道路交通の安全性

安全性重視の姿勢は、創業以来90年以上にわたってボルボ・グループが活動の中心に据えてきた考え方であり、将来も私たちの根幹であり続けます。 

交通安全性についての詳しい情報を読む
交通安全性ブログのコラム

交通の安全性コラム

ボルボ・グループの交通安全性ディレクターが、道路交通の安全性に関するさまざまな話題について感想や意見を述べています。 

ブログの投稿を読む