社会的責任

社会的責任

ボルボ・グループは、持続可能な輸送ソリューションの提供を通じて豊かな社会づくりに貢献します。 世界中の商品や人を毎日運び、社会を動かし続けるボルボ・グループ製品。 真に持続可能な交通ソリューションに必要なのは、環境と経済の持続可能性だけではありません。もう一本の柱である「社会的な持続可能性」も同じく重要です。

ビジネスと人権

ビジネスと人権

私たちの製品は、人によって作られ、人によって使われ、そして、人に商品やサービスを提供します。 だからこそ、ボルボ・グループは人権を大切にしています。 「人」は私たちの活動の中核にある存在であり、人的資本を責任ある形でマネジメントすることは、人権の尊重も含め、ビジネスの長期的な成功を考えるうえで大切な要素です。私たちは、ビジネス行動の責任と倫理に関する総合的な活動の一環として、国連の「ビジネスと人権に関する指導原則」から影響を受けた人権マネジメントの取り組みをしっかりと取り入れています。

安全、健康、福祉

安全、健康、福祉

ボルボ・グループは、従業員・来訪者・サプライヤー・お客様のための安全で健康的な職場づくりに積極的に取り組んでいます。また、従業員が心身の健康を維持しやすいよう、日常的な課題への対応をサポートする活動にも力を注いでいます。 私たちは、業務に関係する病気・事故・ヒヤリハットは予防できるものだと信じ、その考えに基づいて、健康と安全に関するポリシーを策定しました。

健康と安全に関するボルボ・グループの取り組みについて詳しくは、下のリンク先をご覧ください。

ボルボ・グループという職場
労使関係

労使関係

私たちのビジネスに長期的な成功をもたらすには、従業員やその代表者(労働組合、労使協議会など)との良好な関係を維持することが不可欠です。 そのための活動としては、労使両者の円滑なやり取りをサポートする作業や、 従業員を悩ませる事柄の発生原因・変化要因となる問題の予防・解決作業などがあります。 ボルボ・グループには、従業員の立場を守る代表者が話し合いの席につく対話プラットフォームがいくつか設けられています。

ダイバーシティーとインクルージョン

ダイバーシティーとインクルージョン

私たちは、ビジネス環境である各地域の多様な人口実態を従業員人口やマネジメント人口に反映させること、バランスが取れた性別人口比を実現することを長期目標として掲げています。 お客様やその他の利害関係者にはさまざまな出自や性質を持つ方々が含まれていますから、外部との相互理解をスムーズにするためにも、従業員の多様性を確保する必要があります。 私たちが製品やサービスを開発し、目標達成を追求するうえで、一人ひとりの能力を尊重することや、多様性が強みになるという認識を持つことは極めて重要です。

ダイバーシティーとインクルージョンに関する私たちのアプローチについて詳しくは、下のリンク先をご覧ください。

ボルボ・グループという職場

ボルボ・グループ年次報告書および持続可能性報告書2017

ボルボ・グループの社会的責任に関する取り組みの詳細情報

年次報告書および持続可能性報告書2018(PDF, 12.6 MB)