環境への配慮

環境への配慮

ボルボ・グループは、環境への配慮を基本理念の一つに掲げ、製品や事業活動による環境への悪影響を減らすために努力を重ねています。

製品やサービスが環境に及ぼす影響

製品やソリューションのエネルギー効率を高めることには、お客様に大きなコスト節減効果をもたらすだけでなく環境への悪影響を減らすという意味があります。 私たちは、製図板の上で製品の設計を始めるときから、耐用年数を過ぎてリサイクルするときまで、製品ライフサイクルのあらゆる段階で環境への影響に配慮しています。 ボルボ・グループのソリューションについて詳しくは、研究開発とイノベーションセクションをご覧ください。

敷地内に3基の風力発電設備を持つゲント工場

事業の環境フットプリントを最小限に抑える

私たちは、事業が環境に及ぼす影響の規模を最小限にするために力を注ぎ、 具体的には次のような事柄の改善に努めています。

  • エネルギー効率
  • 天然資源の利用
  • 水資源の利用
  • 大気中への排出
  • 廃棄物
  • 化学物質の使用
継続的改善

継続的改善

ボルボ・グループは、効果測定、目標設定、代替手段の検討によって上記のような環境への影響を最小限に抑える継続的改善活動に取り組んでいます。 また、予防的アプローチをとることは健康面の問題を未然に防ぐためにも有効です。 私たちの取り組みについて詳しくは、下のリンク先をご覧ください。

ボルボ・グループ環境ポリシー(PDF、9.4 MB)
WWFの測定

寸法

ボルボ・グループは1991年から環境データの報告書を発行しています。ボルボ・グループ年次報告書および持続可能性報告書2018(PDF、15.1 MB)GRI(G4)インデックスで、最新の定量的データをご覧ください。 また、ボルボ・グループは他の自動車メーカーに先駆けて、気候変動対策の緊急措置を講じることを目的としたWWF Climate Saversプログラムの承認を受けました。 私たちの取り組みと成果について詳しくは、WWFに関するページをご覧ください。

環境フットプリント計算機

トラックの製品ライフサイクル全体の環境フットプリントがわかります。

環境フットプリント計算機

計算する
安全性データシート

化学物質と危険なパーツに関する情報

安全性データシート

安全性データシートのデータベースを見る